タトゥー消すためのトータルナビ

タトゥー別、消すための治療や手術と、期待できる術後の経過などを考える薄いもの、単色のものは比較的簡単にキレイに消える

タトゥーを傷跡を残さず綺麗に消す方法は?

タトゥーを消したい、できるだけキレイに消したいという人は、タトゥーのタイプ別に消し方があるのを理解しましょう。

タトゥーが単色で、黒一色などの濃い色の単色の場合は、レーザーでタトゥーを焼き消してしまう方法がベストです。

傷が残らず、色素は分解されて体外へ排出されます。

薄い単色のタトゥーなら、1回の治療でも消えると言いますから、治療に時間がかからないのもうれしい方法です。

一方、タトゥーが入った部分の皮膚を切り取ってしまって、そのあとは縫い合わせるという方法もあります。

外科医での手術になります。

この治療の場合は、フルカラーのタトゥーなどを消す時に便利です。

外科で皮膚を切るわけですから、傷は残ります。

しかし時間も比較的かからず、色数の多いタトゥーでもきれいに消すことができます。

一回の手術で切って、1,2週間後に抜糸をします。

削皮手術は、専用の器具を用いて、タトゥーを削り取るという方法です。

彫りが浅いタトゥーでは、削ってしまえば模様がぼやけてわからなくなります。

キレイに傷跡が一切残らない方法というわけではありません。

削ったあとには、やけどの跡のようなものが残ります。

しかし、皮膚を切ったり、縫ったりするわけではないので、治療には時間がかかりません。

大規模なタトゥーを消すためには、タトゥーの入っている皮膚を切り取り、そこに自分の太ももなどから皮膚を移植するという方法があります。

植皮手術と言います。

術後、社会復帰をするまで、2週間程度時間がかかることがあります。

まずは専門の東京イセアクリニックで相談してみましょう。

Theme author: http://thememotive.com. Engine: http://wordpress.org.